MOKUKAとは?

“木に新たな息吹を与えた“枯れない花”

MOKUKAとは薄く切った天然の木材から、花びらを一枚一枚手作りで丁寧に作り上げた「木でつくられた枯れない花」です。
そんなMOKUKAならではの様々な特徴をご紹介します。

木目に感じられる、時間の蓄積

MOKUKAの花びらに浮かぶ木目は、木の年輪などによって長い時間をかけて作り上げられたもの。「共に過ごしてきた日々を慈しむ」「新たな旅立ちを祝う」時の経過を象徴する木目がこれまでの「感謝」とこれからの「祝福」を伝えます。

木目に感じられる、時間の蓄積

MOKUKAの花びらに浮かぶ木目は、木の年輪などによって長い時間をかけて作り上げられたもの。「共に過ごしてきた日々を慈しむ」「新たな旅立ちを祝う」時の経過を象徴する木目がこれまでの「感謝」とこれからの「祝福」を伝えます。

ひとつひとつを手作業で。

同じ木でも使う部分によって癖が異なるもの。1947年から続く老舗製材店のノウハウを活かし、木の個性を見極めながら、ひとつひとつ手作業でMOKUKAは作られています。

一切、着色はいたしません。

同じ木から作られた花でも、木目、色味はひとつひとつ微妙に異なるもの。自然の恵みである木の唯一無二の美しさを皆様に体感していただくため、MOKUKAは一切の着色を行わず、木が持つそのままの魅力をお届けしております。


無着色だからこそ感じられる木の本来の香りや、飴色に変わっていく経年変化を見守ることができるのも、無着色の大きな魅力です。

一切、着色はいたしません。

同じ木から作られた花でも、木目、色味はひとつひとつ微妙に異なるもの。自然の恵みである木の唯一無二の美しさを皆様に体感していただくため、MOKUKAは一切の着色を行わず、木が持つそのままの魅力をお届けしております。
無着色だからこそ感じられる木の本来の香りや、飴色に変わっていく経年変化を見守ることができるのも、無着色の大きな魅力です。